享保9年の高潮

災害年月日
1724年09月30日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
高潮  
概要
享保9年(1724)8月14日午後10時、俄に常時より5尺余高い高潮が発生し、三ノ丸では2尺余、本町では3尺4、5寸浸水した。晴天無風の出来事なので、古今の珍事と言われている。(「今治夜話」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
日浅繁一郎編「今治市誌」(今治市、1943年)、970-971頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
高潮 今治夜話
NO.
愛媛2745

よく似た災害

天正10年の洪水

天正10年(1582)9月5日、吉野川の大洪水に、経験のない土佐軍は意外の出来事に非常に混乱した伝説とのあり。(「阿波志」による) 続きを読む

天正10年の洪水

天正10年(1582)9月5日、吉野川の大洪水に、経験のない土佐軍は意外の出来事に非常に混乱した伝説とのあり。(「阿波志」による) 続きを読む

昭和41年の高潮

昭和41年(1966)8月13日~20日に、高潮が発生した。特に18日朝の満潮時が甚だしく、阿南市で床上浸水15戸の被害を記録した。原因は発達した低気... 続きを読む

昭和40年の高潮

昭和40年(1965)11月9日、低気圧が発達しながら日本海を通過し、この低気圧に向かって南よりの強風が吹き込み、大潮と重なった。このため、鳴門市内で... 続きを読む

昭和40年の高潮

昭和40年(1965)11月9日、低気圧が発達しながら日本海を通過し、この低気圧に向かって南よりの強風が吹き込み、大潮と重なった。このため、鳴門市内で... 続きを読む