享保14年9月の台風

災害年月日
1729年10月06日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  
概要
享保14年(1729)9月14日、大風雨により惣社川が満水となり、鳥生村の土手が切れたため、多大の損害が出た。(「永頼見聞録」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
日浅繁一郎編「今治市誌」(今治市、1943年)、972頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 堤防決壊 惣社川 永頼見聞録
NO.
愛媛2747

よく似た災害

享保14年8月の台風・高潮

享保14年(1729)8月19日大雨と高潮により被害が出る。潮入田畑27,603石余、潰家746軒、半潰家241軒、堤防決潰106箇所2,005間、倒... 続きを読む

享保5年の大火

享保5年(1720)4月28日午前6時前、室屋町三丁目より出火、三丁目、四丁目の100間余焼失。80軒余に被害。(「永頼見聞録」による) 続きを読む

文政9年の洪水

文政9年(1826)、総社川が大洪水のため、所々で土手が切れ多大の被害をもたらした。 続きを読む

享保19年の洪水

享保19年(1734)、洪水のため、神田、庄、波田で立岩川の土手が切れた。その後も土手が切れるたびに、付近の住民は普請をしたが、立岩川の治水は年貢負担... 続きを読む

慶応2年の寅の水

慶応2年(1866)8月6日、寅の水という。富岡の土手が切れたため、水が大層押しかけて座上3尺になって、皆避難。(「富岡町史」による)(那賀川における... 続きを読む