大正14年の暴風

災害年月日
1925年03月14日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  
概要
大正14年(1925)3月14日早暁、暴風が起こり、建築中の家屋倒壊2、3戸のほか、屋根瓦の飛散、塀の倒壊などは枚挙にいとまがない。大正13年に落成した第四小学校東校舎スレート葺き大屋根が過半剥奪し、市民を驚愕させた。また、漁船の転覆、遭難、死亡者等が多かった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
日浅繁一郎編「今治市誌」(今治市、1943年)、983頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
暴風
NO.
愛媛2754

よく似た災害

大正14年の暴風

大正14年(1925)3月14日、暴風。建築中の家屋倒壊3戸、第四小学校スレート屋根半分剥奪、大浜漁船遭難死亡者多数。 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日~23日、台風により、安芸郡が最も被害を受けた。この時の風速25m/秒、雨量は394ミリとなった。安芸町以東の小学校は全... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)、大時化により、津寺大師堂の屋根が飛ばされた。写真1枚。 続きを読む

大正13年の台風

大正13年(1924)9月12日、暴風雨。清見寺境内のバラック建て小豆島中学校校舎の屋根が大破した。 続きを読む

大正3年1月の暴風

大正3年(1914)1月2日、暴風。 続きを読む