宝暦7年の台風

災害年月日
1757年09月09日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  
概要
宝暦7年(1757)7月26日、暴風雨。全域冠水、本丸・二の丸・櫓・門等大破、倒壊家屋1,792戸、社寺倒壊34、米損害18,081石、死者1名。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治市誌編さん委員会編「新 今治市誌」(今治市、1974年)、41頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者
NO.
愛媛2769

よく似た災害

宝暦7年9月の台風

宝暦7年(1757)9月8日、暴風雨により、安芸郡で死者4人、負傷13人、全壊家屋451棟、半壊家屋208棟、大破家屋2,250棟、浸水家屋208棟、... 続きを読む

元文4年の台風・高潮

元文4年(1739)8月5日、暴風雨大洪水高潮。別宮寺町床上浸水、水田冠水862町、米損害8,553石、倒壊家屋31戸、土手決壊18箇所、溺死1名。 続きを読む

宝暦元年の台風

宝暦元年(1751)閏6月18日、暴風雨。蒼社川決壊、八丁高紹寺高下まで冠水、米損害7,743石。 続きを読む

宝暦7年の台風

宝暦7年(1757)7月26日~28日、暴風雨により、米損毛18,081石余、倒木2,226本、死者1人。 続きを読む

文化12年の洪水

文化12年(1815)7月6日~8日、西部で大洪水、川々堤及び田地等大破損。「御家年代略記」によると、国内の死者83人、流失家屋181戸、損害数万石。... 続きを読む