明治26年の台風

災害年月日
1893年10月14日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  
概要
明治26年(1893)10月14日、大暴風雨洪水。蒼社川決壊、浅川海岸破壊、溺死1名、行方不明4名、家屋流失48戸、全潰79戸、半壊101戸、浸水家屋665戸、流失船11隻、水田流失1,000町歩、堤防決壊14箇所、1時間最大雨量40ミリ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治市誌編さん委員会編「新 今治市誌」(今治市、1974年)、41頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 蒼社川 堤防決壊 死者
NO.
愛媛2776

よく似た災害

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月14日、台風12号により、重清村では中島地区を中心に、住宅の全壊7戸、半壊9戸、流失3戸、床上浸水139戸、水田流失3町歩、... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月8日、阿久根台風により大雨400ミリを超える。田畑の流失・埋没719町歩。村内で表川決壊、橋梁流失、道向・吉久の水田流失。... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道沖大地震(M8.1)が発生した。津波は高知県の沿岸で4~6mに達し、津波の被害は地震による被害よりも大きかっ... 続きを読む

明治26年の台風

明治26年(1893)10月14日、暴風雨が来襲し、海岸並びに浅川堤防を数カ所破壊した。加えて蒼社川の堤防が決壊し、全町が俄に海と化した。溺死1人、行... 続きを読む

昭和24年のデラ台風

昭和24年(1949)6月21日、台風2号(デラ台風)。被害は行方不明者4人、全潰19戸、半潰30戸、流失7戸、焼失1戸、床上浸水320戸、床下浸水1... 続きを読む