昭和33年の大雨

災害年月日
1958年07月03日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  
概要
昭和33年(1958)7月3日、大雨。局地的132ミリ、死亡1名、床下浸水554戸、非住家被害2戸、水田冠水94兆、道路決壊2箇所、堤防決壊135箇所、護岸破壊5箇所250m、港湾施設損害2箇所。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治市誌編さん委員会編「新 今治市誌」(今治市、1974年)、44頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 死者 堤防決壊
NO.
愛媛2805

よく似た災害

昭和35年の台風

昭和35年(1960)8月28日~29日の台風により、伊方町の被害は漁港施設の護岸2箇所250万円、港湾施設の護岸3箇所62万円、道路2箇所50万円、... 続きを読む

昭和29年の大雨

昭和29年(1954)、大雨。家屋一部破損29戸、床上浸水19戸、道路決壊7箇所、堤防決壊2箇所、山崩れ2箇所。 続きを読む

昭和33年の大雨

昭和33年(1958)7月3日、大雨により、降水量132ミリ、道路決壊2箇所、堤防決壊135箇所、死者1人、床下浸水554戸。 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月14日~16日の台風により、伊方町の被害は港湾施設の護岸・突堤3箇所、漁港施設の護岸4箇所、防波堤2箇所1,070万円、非住... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)8月24日、大暴雨により、富田村では河川が決壊し、宮川橋、爛川橋、石川橋、落合橋が落ち、富田中で堤防決壊180間、道路決壊2箇所6... 続きを読む