明治17年の台風

災害年月日
1884年08月25日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  高潮  
概要
明治17年(1884)8月25日、台風による暴風雨と高潮で甚大な被害が出た。被害は海岸地域に集中し、高さ1.5m以上の高潮によって、沿岸の家屋、堤防、道路などは壊滅状態で、復旧には多年を要した。清水地区では南西の暴風により、人家や大木が倒れた。新谷三島神社境内、旧鷹取地域の大松もほとんど倒れたという。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治郷土史編さん委員会編「現代の今治 地誌 近・現代4」(今治市、1990年)、103頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 高潮 清水 新谷三島神社
NO.
愛媛2823

よく似た災害

文化14年の台風

文化14年(1817)9月9日、大暴風雨が室津辺の家や大木を倒し、船を山上に吹き上げた。 続きを読む

明治19年9月の台風

明治19年(1886)8月20日、台風により、大木倒れ、堤防欠損(戸波村)。 続きを読む

明治19年9月の台風

明治19年(1886)9月10日、台風により、戸波村で大木が倒れ堤防欠損。 続きを読む

明治31年の台風

明治31年(1898)、大風により、大木が無数に倒れ、所々で家が倒壊した。 続きを読む

明治28年7月の台風

明治28年(1895)7月24日16時頃から、台風により北東風が吹き出し、満潮時には高潮となり、水田が冠水した。13時頃より風は南西に変わり、海岸堤防... 続きを読む