大正15年の洪水

災害年月日
1926年07月06日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  
概要
大正15年(1926)7月6日午後2時から降り出した豪雨は、7日深夜に最も激しくなった。このため、浅川、蒼社川の2支流が氾濫して、別宮・今治校区の約5,000戸が浸水し、寺町、室屋町、北新町、慶応町では1,000戸が床上浸水、井戸水と便所が混同した家は700戸に達した。田畑の浸水も200町歩以上で、交通は途絶した。7日午前4時に全員召集された消防手も、伝馬船で連絡をとる状況であった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治郷土史編さん委員会編「現代の今治 地誌 近・現代4」(今治市、1990年)、105頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 浅川 蒼社川
NO.
愛媛2825

よく似た災害

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月10日から3日間雨が降り続き、13日には川之江の町内各所で金生川の洪水により町内は泥海と化した。家屋の浸水はほとんど全町に及び... 続きを読む

明治40年の洪水

明治40年(1907)9月4日より大雨降りしきり、5日午後10時頃より出水し始め、6日午前2時頃止み、最高17尺余りの増水となった。池田繋船場の小船9... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日、土器川堤塘決壊4箇所57間、排水堤塘決壊4箇所100間。22日午前9時頃より浸水し始め、23日午前1時には土器村の8~... 続きを読む

明治26年の洪水

明治26年(1893)10月14日午前4時頃、数日来の風雨と豪雨により、蒼社川、頓田川、谷山川などの河川が決壊し、全市域に壊滅的な被害をもたらした。蒼... 続きを読む

明治44年9月の洪水

明治44年(1911)9月22日、出水が角瀬渡で1丈5尺5寸に達し、堤防破損3箇所、住家浸水5戸、田の浸水150町、畑の浸水233町などの被害が出た。... 続きを読む