明治17年の台風

災害年月日
1883年08月25日
市町村
愛媛県今治市(大西町)
災害種類
風水害  
概要
明治17年(1884)8月25日、台風が来襲し、大潮の満潮と重なって異常な高潮となった。激浪が海岸堤防を破壊して、九王、大井浜に大損害を与えた。被災者の中には、農業の復旧を諦めて出稼ぎに出た者もあった。流失家屋12戸、床上浸水72戸、救助人員148人、負傷人員35人、堤防河岸決壊13箇所、道路破壊49箇所、浸水田87.6町。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大西町誌編纂委員会編「大西町誌」(大西町、1977年)、12-13頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 満潮 高潮 九王 大井浜
NO.
愛媛2953

よく似た災害

明治19年の台風

明治19年(1886)8月、暴風雨により、各河川の堤防が破られ、人家、田畑を押し流され、被害は甚大であった。旧下灘村の被害は、家屋の流失12戸、半潰1... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)8月、暴風雨により、各河川の堤防が決壊し、人家や田畑が流出するなど被害は甚大であった。下灘村の被害は、家屋の流失12戸、半壊13... 続きを読む

明治31年の台風

明治31年(1898)9月2日、暴風雨により、鈍川村で浸水破壊家屋3戸、道路決壊11箇所104間、堤防流失3箇所60間、井堰決壊16箇所68間。 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)、洪水により堤防、井堰など損害が特に大きかった。当時は災害復旧は、自力で行っていたので、被害箇所の復旧に多くの労力を要し、農家は... 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)5月7日、川田川の毘沙門(川東北)の堤防が切れた。この堤防の復旧強化には多くの金と人を要したので、この堤防は「金食土手」と呼ばれ... 続きを読む