昭和29年の台風15号

災害年月日
1954年09月26日
市町村
愛媛県今治市(菊間町)
災害種類
風水害  
概要
昭和29年(1954)9月26日午後2時、大隅半島に上陸した台風15号は、沿岸部に近来稀に見る甚大な被害を与えた。海岸の道路は一瞬にして跡形もなく流された。また、菊間川右岸が決壊して、北浜地区の人々は八幡神社に避難した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
菊間町誌編さん委員会編「菊間町誌」(菊間町、1979年)、43-44頁及び63頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 菊間川決壊
NO.
愛媛2981

よく似た災害

平成16年の台風23号による土砂災害

平成16年(2004)の台風23号により、さぬき市長尾町の西谷奥池上流の斜面が崩壊し、その土石流により、ため池は跡形もなく流され、枝谷の農地は土砂で埋... 続きを読む

昭和40年の台風23号

昭和40年(1965)9月10日の台風23号により、新居海岸は高波に見舞われて、護岸堤防工事中の防波コンクリート壁が跡形もなくなるほど粉砕された。 続きを読む

明治11年の洪水

明治11年(1878)9月上旬の大洪水は、平島村西原から羽ノ浦町古庄の村境に至る120間余の堤防を決壊して、耕作物は跡形もなく、大京原の人家も流れた。... 続きを読む

昭和39年の火災

昭和39年(1964)3月9日午後10時30分頃、三ツ木幼稚園・小学校・中学校から出火し、一瞬にして全校舎を焼き、さらに三ツ木八幡神社をも焼き尽くした... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、M8.1地震、津波。(「宿命の浅川港」による) 丸山盛夫氏の津波体験記によると、津波により浦上川に沿って須賀崎、東... 続きを読む