寛政11年の台風

災害年月日
1799年09月18日
市町村
愛媛県今治市(伯方町)
災害種類
風水害  高潮  
概要
寛政11年(1799)8月19日、大風により、木浦村の大屋の波止が崩れ、それに高潮が加わって新田に海水が流れ込んだため、新田に大きな被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
伯方町誌編纂会編「伯方町誌」(伯方町誌編纂会、1988年)、377頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 木浦村 大屋 高潮
NO.
愛媛3191

よく似た災害

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月、洪水のため、県下で死者114人、行方不明20人、家屋の全壊1,132戸などの大きな被害が出た。重信川でも大きな被害が出た。... 続きを読む

享和元年の洪水

享和元年(1801)、伊予国各地で洪水が起こり、大きな被害が出た。 続きを読む

昭和28年の台風13号

昭和28年(1953)9月25日~26日、台風13号による豪雨で、鴨部川の水があふれ、造田地区の水田が冠水して大きな被害が出た。 続きを読む

安政7年の洪水

安政7年(1860)7月11日及び28日に大水があり、海岸地帯は波が高く被害が大きかった。那賀川筋の土手は残らず切れ、見能林方面も田に海水が入り、稲の... 続きを読む

昭和32年の台風10号

昭和32年(1957)9月6日、台風10号の来襲により、戻川橋が流失するなど田畑に大きな被害が出た。(西条市自然災害年表による) 続きを読む