明治38年の水害

災害年月日
1905年00月00日
市町村
愛媛県今治市(宮窪町)
災害種類
風水害  
概要
明治38年(1905)、水害により、宮窪村では道路、橋梁の破損が18箇所に及んだ。村では年間予算の6割強に当たる2,230円余を借り入れ、災害復旧に使った。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宮窪町誌編集委員会編「宮窪町誌」(宮窪町、1994年)、596頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水害
NO.
愛媛3215

よく似た災害

明治23年の水害

明治23年(1890)9月11日の大雨で、仁淀村森の奥合(おくごう)神社の拝殿や民家が流失した。奥合神社の棟札には以下のように記録されている。「明治2... 続きを読む

明治32年の水害

明治32年(1899)6月、水害により、龍岡村で道路決壊復旧費289円82銭余、荒地3町8反余。 続きを読む

明治17年の水害

image

明治17年(1884)8月25日夜、寒川郡鴨部下荘村で、烈風にわかに起こり、波涛狂奔し堤防を決壊す。その勢い奔馬の如く襲来し、家屋は流され、人はおぼれ... 続きを読む

明治17年の水害

image

明治17年(1884)8月25日夜、寒川郡鴨部下庄村で、烈風にわかに起こり、波涛が荒れ狂って堤防を決壊した。その勢いは奔馬のようで、家は流され、人は溺... 続きを読む

明治26年の水害

明治26年(1893)10月14日、水害により田野村で家屋の全壊2戸、破損1戸、浸水36戸、耕地の流失・立毛損毛等140町余、堤防決壊1,600間余、... 続きを読む