昭和29年の台風15号

災害年月日
1954年09月26日
市町村
愛媛県今治市(宮窪町)
災害種類
風水害  
概要
昭和29年(1954)9月26日、台風15号により、宮窪町の海岸線の被害は甚大で、復旧工事完成までの間、住民は通学・通勤に多大の難渋をこうむった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宮窪町誌編集委員会編「宮窪町誌」(宮窪町、1994年)、600頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛3224

よく似た災害

昭和27年3月の強風

昭和27年(1952)3月23日~24日、季節風のため、県下の最大風速は22.2m/秒を記録し、海岸地帯で多大の被害をこうむった。 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)3月から5月にかけて70日にわたって長雨が続き、麦の収穫が皆無となり、菜種も大被害をこうむった。 続きを読む

昭和29年の台風12号

image

昭和29年(1954)9月13日午後9時から14日午前3時までの間に、台風12号による集中豪雨により物部川の水位は6m余大増水し、香我美橋は橋桁上まで... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前5時、南海大地震により、全村にわたって、石崖、堤防、道路の決壊、落石、亀裂などの被害をこうむったが、人畜の被害は... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日から12日までの台風17号による降雨量は500ミリを超え、町内各所で山崩れ、がけ崩れ、河川の土砂による埋没、稲の鹹水、家... 続きを読む