昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月13日
市町村
愛媛県今治市(宮窪町)
災害種類
風水害  
概要
昭和51年(1976)9月13日、台風17号により、海岸道路の石垣等の被害が甚大であった。海岸道路は県に移管され、道幅の拡張、パラペット工事等が行われ、漁港修築工事により防波堤、荷揚場が建設された。
地理院地図
Googleマップ
備考
原資料では台風7号となっているが、台風17号に修正した。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宮窪町誌編集委員会編「宮窪町誌」(宮窪町、1994年)、600頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛3225

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、大干ばつ。昭和11年~15年に県営亀越池用排水改良工事が実施され、堤塘3尺5寸(1.06m)の嵩上げと余水吐の拡張が行われ、満水... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号は土佐湾一帯に激甚な高潮被害をもたらした。被害は死者12人、行方不明者1人、負傷者194人、建物の全壊1,... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号が土佐湾一帯に激甚な高潮被害をもたらした。被害は死者12人、不明者1人、傷者491人、建物全壊1,135戸... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号が佐賀町付近に上陸し、土佐湾一帯に激甚な高潮被害をもたらした。被害は死者12人、不明者1人、傷者491人、... 続きを読む

大正9年の干ばつ

大正9年(1920)、大干ばつに加えて、不景気が到来し、農村疲弊。農村救済事業として、天神池、堀越池の拡大工事や水路開設事業が行われた。(「近藤林内日... 続きを読む