大正5年の台風

災害年月日
1916年00月00日
市町村
愛媛県今治市(上浦町)
災害種類
風水害  
概要
大正5年(1916)、台風が襲来し、井口二番浜の堤防が決壊した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上浦町誌編さん委員会編「上浦町誌」(上浦町、1974年)、374頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 井口 堤防決壊
NO.
愛媛3236

よく似た災害

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号により、井口港桟橋、盛漁港桟橋とも大破沈没し、盛桟橋は復旧不能となり、新設したのをはじめ、井口一番二番浜の... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)8月20日、9月10日、17日、24日と4回の台風が襲来し、物部川の堤防が300間と150間の2箇所決壊した。 続きを読む

昭和24年のジュディス台風

昭和24年(1949)8月18日、ジュディス台風が襲来し、中角の堤防が120m決壊した。 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)9月21日、大暴風雨が襲来し、風速37mを記録した。沖須賀の堤防決壊、二丈堰下流決壊、山城町堤防全部決壊。 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)7月24日~25日、台風が襲来し、下久家で新築後の住宅が倒壊し、死者2人を出した。 続きを読む