大正7年の水害

災害年月日
1918年00月00日
市町村
愛媛県今治市(上浦町)
災害種類
風水害  
概要
大正7年(1918)、井口の三左川の決壊により、砂利が流出し、これを盛口村役場の敷地造成に利用した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上浦町誌編さん委員会編「上浦町誌」(上浦町、1974年)、374頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水害 井口 三左川
NO.
愛媛3237

よく似た災害

大正11年の洪水

大正11年(1922)7月5日、大雨により財田川が増水し、本山仮橋が落下した。吉岡、土居は大水。(村役場の日誌による) 続きを読む

大正11年の干ばつ

大正11年(1922)、干ばつのため、8月31日に大谷村の三島神社で雨乞い。(「大谷村役場日誌」による) 続きを読む

大正9年の洪水

大正9年(1920)8月15日、大雨により財田川が増水し、午後6時半に江藤橋が危険となり切り離した。(村役場の日誌による) 続きを読む

大正12年の大干ばつ

image

大正12年(1923)8月から9月にかけて40余日打ち続く干ばつに困り果てた萩原村が、大谷池の横井水溜まりの地面を掘り割って集水し発動機で揚水している... 続きを読む

大正9年の水害

大正9年(1920)9月、鮎喰川で徳島市側の鉄道付近堤防が水圧でかすかに動くのが感じられて危機を迎え、堤防の下からもぐった水が吹き出したため、付近住民... 続きを読む