昭和9年の水害

災害年月日
1934年00月00日
市町村
愛媛県今治市(上浦町)
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)、井口の本川下流が決壊し、大新田が水害を受けた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上浦町誌編さん委員会編「上浦町誌」(上浦町、1974年)、375頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水害 井口 本川
NO.
愛媛3238

よく似た災害

昭和21年の水害

昭和21年(1946)7月、水害があり、拝志・南吉井方面が大きな被害を受けた。 続きを読む

昭和22年の水害

昭和22年(1947)秋、二年前の災害復旧直後に、本篠川の水害を受けた。 続きを読む

昭和29年の台風12号・13号・15号

昭和29年(1954)9月8日に台風13号、13日に台風12号、26日に台風15号が襲来した。甘崎小又新田、甘崎大新田、下地田、多々羅の各新田が決壊し... 続きを読む

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月16日夜半、台風19号が来襲し、畑作物や水田などに被害を受けた。特に香川県東部に集中豪雨をもたらし、新川などが決壊、東部を... 続きを読む

昭和18年の水害

昭和18年(1943)7月、水害により、主に拝志村が大被害を受けた。昭和18年及び昭和20年の水害により、重信川河口から横河原間19.2kmが県直轄河... 続きを読む