正徳2年の風雨

災害年月日
1712年00月00日
市町村
愛媛県今治市(大三島町)
災害種類
風水害  
概要
正徳2年(1712)、大風雨で越智島の作柄に損害があったため、郡奉行らが来島し、見分の上、岡村・大下村ほか大三島の9ヶ村に対し、米762俵余を給付している。(越智嶋旧記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大三島町誌編纂会編「大三島町誌 一般編」(大三島町、1988年)、1016頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 越智嶋日記
NO.
愛媛3264

よく似た災害

宝暦12年の水論

宝暦12年(1762)、松山領森松村ほか24ヶ村(2千余人)と麻生村ほか2村(800人)との水論から乱闘となる。(「砥部町誌」等による)(伊予の水論〔... 続きを読む

宝永4年の風雨

宝永4年(1707)、大風雨で農作物の作柄に損害があったため、御公儀(松山藩)から、上島中(越智島17ヶ村)が米500俵、麦500俵の借り米をしている... 続きを読む

正徳4年8月の風雨

正徳4年(1714)8月8日、風雨、高潮。南路志には「大風雨大波鳴る上灘区しけ申し夜須浜の辺は大変の潮より高く堤を打越す」と記されている。 続きを読む

正徳5年11月の風雨

正徳5年(1715)11月8日、雷雨。南路志には「11月8日申上刻(16時)より雨夜中大風雨洪水、戌刻より子中刻(21~1時)引きらず雷雨止まず前代未... 続きを読む

正徳5年6月の風雨

正徳5年(1715)6月20日、風雨。南路志には「6月20日、物部川大風雨洪水、甲内堤切れ東の堀内へ押込み民家数軒流る、死人あり、其の水仁淀川七合、鏡... 続きを読む