昭和45年の台風9号・10号

災害年月日
1970年08月15日
市町村
愛媛県今治市(大三島町)
災害種類
風水害  
概要
昭和45年(1970)8月15日の台風9号に続き、21日に台風10号が来襲した。台風10号では東及び南の風が特に強く、このため被害は大見・宗方・肥海・浦戸・野々江坂に集中した。なかでも大見集落は台風9号で浮き桟橋が沈下した上、台風10号で道明の県道が決壊し、不通になったのをはじめ、堤防・護岸の決壊が続出し、その延長は1,500mにも及んだ。このため、ミカン園の流失・鹹水、水田の冠水などが相次ぎ、海岸沿いの稲はほとんど全滅した。(「広報大三島」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大三島町誌編纂会編「大三島町誌 一般編」(大三島町、1988年)、1030-1031頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大見
NO.
愛媛3306

よく似た災害

昭和49年の台風16号

昭和49年(1974)9月1日、台風16号が須崎付近に上陸し、ゆっくり北上したため、降雨時間が長く、葉山村各所で崖崩れや浸水が続出した。道路は山崩れの... 続きを読む

昭和54年の台風10号・台風20号

昭和54年(1979)9月30日には台風10号が、10月17日には台風20号が相次いで来襲した。台風10号は日降水量ガ140ミリ、台風20号は166... 続きを読む

昭和35年の台風11号

昭和35年(1960)8月11日4時半頃、台風11号が室戸岬のやや西方に上陸し、剣山西方を経て香川県西部、岡山県西部を通った。この台風のため、東予地方... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月14日~16日、台風18号(第二室戸台風)により、雨量は東予の山岳部で400~750ミリ、中予の山岳部で150~500ミリ、... 続きを読む

昭和34年1月の強風・大雪

昭和34年(1959)1月15日~17日、季節風が強く、南予では10年来の大雪のため、航路の欠航、鉄道・道路の不通箇所が続出した。 続きを読む