天保15年の高潮

災害年月日
1844年10月13日
市町村
愛媛県今治市(関前村)
災害種類
高潮  
概要
天保15年(1844)9月2日、高潮により、大下で開発中の新畑沖土手の石垣13間余が崩れ、庄屋の土地3畝余ほかが流失した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
関前村誌編集委員会編「関前村誌」(関前村教育委員会、1997年)、47頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
高潮 大下
NO.
愛媛3312

よく似た災害

昭和25年・26年の台風

昭和25年(1950)、26年(1951)、台風により、山崩れが起こり、増川校の運動場が流失し、校舎の石垣が崩れて教室の床が傾いた。 続きを読む

慶安2年の地震

image

慶安2年(1649)2月5日、伊予、安芸を震源とするM7.1の地震により、松山城の石垣約36m、塀約55mが崩れ、侍屋敷、町家少々潰れる。宇和島城の石... 続きを読む

寛永2年2月の地震

寛永2年(1625)2月5日、地震により、城の石垣20間、塀30間余崩れる。(「松山叢談」による) 続きを読む

慶安2年の地震

image

慶安2年(1649)2月5日、伊予、安芸両国地大いに震い、宇和島・松山の二城の石垣が崩れた。(「大日本地震史料」による)/2月19日、予州松山より飛脚... 続きを読む

慶安2年の地震

image

慶安2年(1649)、地震のため、松山城の石垣が崩れた。 続きを読む