享保12年の洪水

災害年月日
1727年06月00日
市町村
愛媛県松山市(北条市)
災害種類
風水害  
概要
享保12年(1727)5月、大雨により「猿川流れ」と称する洪水のため、立岩川の堤防が決壊した。(「北条沿革史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
北条市誌編集委員会編「北条市誌」(北条市誌編纂会、1981年)、58頁及び65頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水 猿川流れ 立岩川 堤防決壊
NO.
愛媛3338

よく似た災害

明治19年9月18日の台風

明治19年(1886)9月18日、暴風雨に見舞われ、神田・波田・八反地の3村では9月22日に立岩川の高土手堤防約1,300mが決壊し、溺死者9人、家屋... 続きを読む

享保19年の洪水

享保19年(1734)、洪水のため、神田、庄、波田で立岩川の土手が切れた。その後も土手が切れるたびに、付近の住民は普請をしたが、立岩川の治水は年貢負担... 続きを読む

昭和29年の洪水

昭和29年(1954)7月、梅雨前線による出水のため、松山市古川で内川の堤防が決壊した。写真2枚。 続きを読む

大正15年7月12日の洪水

大正15年(1926)7月12日、大雨、洪水。(「北条沿革史」による) 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月18日、愛媛県は暴風雨に見舞われた。このため、立岩川、石手川の堤防が決壊したほか、河川の氾濫が相次ぎ大きな被害を受けた。その... 続きを読む