大正15年7月5日の豪雨

災害年月日
1926年07月05日
市町村
愛媛県松山市(北条市)
災害種類
風水害  
概要
大正15年(1926)7月5日~7日の豪雨により、粟井坂道路が崩壊、粟井村各所の貯水池の土手が決壊した。また、北条町鹿島の人家が崩壊し、7日午前5時20分頃、国鉄が工事中の粟井坂トンネルは降雨のため崩壊した。同所の県道も崩壊し、交通途絶となった。大井北条間の鉄道は浸水のため列車不通となった。立岩川橋は河水氾濫し、危険状態となった。(海南新聞による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
北条市誌編集委員会編「北条市誌」(北条市誌編纂会、1981年)、61頁及び67-68頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 貯水池土手崩壊 粟井坂トンネル崩壊 交通途絶 立岩川橋
NO.
愛媛3392

よく似た災害

昭和10年の豪雨

昭和10年(1935)9月22日午後2時頃、過日来の豪雨のため、土讃線池田・三縄間の丸山トンネルで約15坪が崩壊した。幸い列車の通過時でなかったので、... 続きを読む

昭和27年7月10日の豪雨

昭和27年(1952)7月10日~11日、総降水量200ミリ前後の豪雨となり、大水害となった。町見村では、10日、昨夜来の降雨のため、二見小島平早返5... 続きを読む

大正9年の石見寺山の崩壊

大正9年(1920)旧暦7月3日の晩、集中豪雨のため、石見寺山が崩壊し、土石流により4人が犠牲になった。 続きを読む

昭和18年の豪雨

昭和18年(1943)7月21日から24日にかけて降雨が続き、各地で記録的な豪雨となった。4日間の降雨量は宇和島で940ミリ、松山で540ミリ、東予地... 続きを読む

大正15年12月の強風

大正15年(1926)12月7日~8日、不連続線通過後の強風のため、三豊郡和田村と高松市の海岸堤防が崩壊し、多度津付近でも海水が浸入した。土讃線金蔵寺... 続きを読む