享保19年の洪水

災害年月日
1734年00月00日
市町村
愛媛県松山市(北条市)
災害種類
風水害  
概要
享保19年(1734)、洪水のため、神田、庄、波田で立岩川の土手が切れた。その後も土手が切れるたびに、付近の住民は普請をしたが、立岩川の治水は年貢負担に並ぶ重荷となった。このため、庄屋らは郡普請の対象として工事費の面倒を見てほしいという請願を行った。(「北条高橋家文書」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
北条市誌編集委員会編「北条市誌」(北条市誌編纂会、1981年)、227-229頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 立岩川 堤防決壊 普請 北条高橋家文書
NO.
愛媛3443

よく似た災害

享保12年の洪水

享保12年(1727)5月、大雨により「猿川流れ」と称する洪水のため、立岩川の堤防が決壊した。(「北条沿革史」による) 続きを読む

文政9年の洪水

文政9年(1826)、総社川が大洪水のため、所々で土手が切れ多大の被害をもたらした。 続きを読む

享保14年9月の台風

享保14年(1729)9月14日、大風雨により惣社川が満水となり、鳥生村の土手が切れたため、多大の損害が出た。(「永頼見聞録」による) 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)、立岩川で洪水が起こった。明治26年(1894)に、才ノ原地蔵堂の前庭に立岩川堤防修築完成を記念して「立岩川洪水碑」が建立された... 続きを読む

元禄15年の洪水

元禄15年(1702)、大洪水により、土手が切れ、百間以上砂山となった。(「余土村誌」による) 続きを読む