明治19年の洪水

災害年月日
1886年10月00日
市町村
愛媛県松山市(北条市)
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)9月、洪水により、波田村のうち宮上地区20戸余がすべて流失、酒家の主人は倉を死守しようとしたが、翌朝菊間の海岸に腰に千金を縛りつけた姿で漂着したという。明治26年に碑が建立された。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
北条市誌編集委員会編「北条市誌」(北条市誌編纂会、1981年)、229頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 波田村 死者
NO.
愛媛3444

よく似た災害

明治30年の洪水

明治30年(1897)、大洪水により物部川西岸にも被害があったが、東岸佐古村では父養寺字土居ノ下よりツバヤ間の堤防が決壊した。 続きを読む

明治32年の洪水

image

明治32年(1899)8月28日、大雨が降り続き、各所で濁流により多くの人家が流された。仁尾の海岸には、難破船とともに33の遺体が打ち上げられた。これ... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)8月21日及び9月10日に暴風雨があり、海岸方面の損害が甚だしかった。この時には、蒼社川より流出した流木が片原町海岸に突入し、人... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1954)9月、伊勢湾台風は高潮を伴い、都呂の海岸に打ち上げた大波が数戸の家屋を倒壊し、死者2名、国道の途絶をもたらした。また、漁船30隻... 続きを読む

明治21年の台風

明治21年(1888)8月30日、台風が徳島県を通過し、海岸部で高潮が発生した。坂野村の海岸で堤防が破壊された。県内で死者51名。稲作被害大であった。... 続きを読む