寛政2年の風雨

災害年月日
1790年09月05日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
寛政2年(1790)7月26日、大風雨により、損害大。(「松山叢談」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市編「松山市誌」(松山市、1914年)、32頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 松山叢談
NO.
愛媛3483

よく似た災害

寛政4年の風雨

寛政4年(1792)7月26日、御領分大風雨、損毛52,609石届け出。(「松山叢談」による) 続きを読む

宝永4年の風雨

宝永4年(1707)8月19日、松山大風雨により、損米20,179石。(「松山叢談」による) 続きを読む

寛保元年の風雨

寛保元年(1741)7月、風雨により損米届64,500石。(「松山叢談」による) 続きを読む

宝永元年の風雨

宝永元年(1704)8月23日、大風雨により、損毛1,200石、潰家344軒。(「伊予風水害小史(今治拾遺)」による)/8月23日、松山で大風雨により... 続きを読む

宝永元年の風雨

宝永元年(1704)8月23日、松山大風雨により、損米33,888石、潰家1,202軒。(「松山叢談」による) 続きを読む