元禄5年の落雷

災害年月日
1692年07月22日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
その他(落雷)  
概要
元禄5年(1692)6月9日、松山城本丸に落雷があった。(「三田村秘事録」による)
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第2巻」(松山市、1993年)、210頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
落雷 三田村秘事録
NO.
愛媛3552

よく似た災害

元禄元年の雷雨

image

元禄元年(1688)6月7日、落雷で天守西の方破損する。(「三田村秘事録」による) 続きを読む

万治元年の大火

万治元年(1658)11月26日、松山大火。(「予松御代鑑」「三田村秘事録」による) 続きを読む

天明4年の雷火

image

天明4年(1784)1月1日、雷火で本丸天守閣焼失。(増田家記」「垂憲録拾遺」「予松御代鑑」「三田村秘事録」による) 続きを読む

文化7年の竜巻

文化7年(1810)9月8日、西堀端、桧物屋町に辻風(竜巻)が吹く。(「三田村秘事録」による) 続きを読む

大正9年8月の落雷

大正9年(1920)8月27日、仲多度・綾歌両郡で数十箇所に落雷があった。この落雷で、即死1人、人事不省9人、家屋の焼失5戸、半焼1戸等の被害があった... 続きを読む