明治17年の台風

災害年月日
1884年08月25日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
高潮  
概要
明治17年(1884)8月25日、西日本を襲った台風は高潮による被害をもたらした。中でも温泉郡山西村の大可賀新田では、午後11時頃、高潮のため北西の堤防が決壊、一帯は潮が充満し、戸数70戸のうち溺死者53人、家屋の流失49戸、田畑流失53haの被害をこうむった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第3巻」(松山市、1995年)、222-223頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 高潮 堤防決壊 死者
NO.
愛媛3576

よく似た災害

明治3年の台風

明治3年(1870)9月6日から台風のため風雨が強く、11日に勝浦川の堤防が決壊した。元根井など海岸部は、高潮の被害を受け、内陸部の外開・北開から中田... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日、大暴風雨、高潮のため、県下の被害甚大。岩城村の被害は潮入51町9反余、うち荒地化31町5反、収穫皆無20町4反余に及... 続きを読む

明治25年9月の台風

明治25年(1892)9月7日、暴風雨により、吉野川、鮎喰川、勝浦川、那賀川等で洪水。また、川内町では2m余の高潮が押し寄せ、小松新田の堤防が決壊。 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月、大洪水により、鴨島町の牛島堤防が決壊し、江川が再び吉野川本流に流れ入り、石井町にかけての一帯は泥海のようになったという。旧... 続きを読む

元文4年の台風

元文4年(1739)8月、暴風雨により、総社川では左岸の高橋村、右岸の中寺・八町・郷の村々で堤防が決壊し、頓田川でも高市・中村の辺りで決壊し、高潮も重... 続きを読む