昭和45年の台風10号

災害年月日
1970年08月21日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
昭和45年(1970)8月21日、台風10号により、松山市で風速40.7mを記録。市内の幹線道路は、排水や下水路の整備が悪く、水浸しとなった。また、松山観光港の浮桟橋が沈むなどした。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第4巻」(松山市、1995年)、309頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛3602

よく似た災害

昭和40年1月10日の大火

昭和40年(1965)1月10日、宿毛市新町で大火、21棟全焼、7棟半焼。1年足らずの間に繁華街が三度も大火で、防火用水の整備が問題となった。(高知新... 続きを読む

昭和54年の豪雨

昭和54年(1979)6月27日から、梅雨前線による豪雨のため、松山市を中心に被害が広がった。松山銀天街では20cm以上も水浸しになった。写真4枚。 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)、大洪水により粟島の藍は水浸しとなり、家屋、家財に莫大な被害が出た。 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)、大洪水により粟島の藍は水浸しとなり、家屋、家財に莫大な被害が出た。 続きを読む

昭和25年のキジア台風

昭和25年(1950)9月13日、キジア台風。金星川に潮水逆流し中心街水浸しとなる。道路決壊2箇所、船流失1箇所、浸水家屋1,170戸、田畑流失66町... 続きを読む