昭和54年の豪雨

災害年月日
1979年06月26日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
昭和54年(1979)6月26日から7月2日まで豪雨が襲い、松山市では405ミリの降雨量を記録した。市内の各池も氾濫の恐れが出たため、避難命令が出され、新中村橋の橋脚がえぐられるなど水害復旧に9億円を要する被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第4巻」(松山市、1995年)、404頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 避難命令 新中村橋
NO.
愛媛3605

よく似た災害

昭和40年の肥土山地すべり

昭和40年(1965)7月と9月、肥土山で多数の陥没、亀裂を生じ、関係民家数十戸に避難命令が出た。 続きを読む

昭和46年の台風19号

昭和46年(1971)8月5日、台風19号が九州西海岸をゆっくり北上し、九州北部を縦断した。仁淀川は洪水となり、死者2名が出た。越知町では2世帯9名に... 続きを読む

昭和26年7月の豪雨

昭和26年(1951)7月12日、梅雨による豪雨・洪水のため、表川合流地点で堤防決壊、渋谷川決壊、重信川拝志開発で決壊寸前、拝志・川上両村に避難命令発... 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月9日、台風9号が県西部を襲った。仁淀川は増水し、中島の仁淀川大梨付近は水位が11mに達した。高岡町の天崎堤防は決壊寸前の状況... 続きを読む

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月16日夜から17日未明にかけて、台風19号が激しい雨と強風をもたらし、仁尾町では総雨量223.5ミリ、最大時間雨量50ミリ... 続きを読む