昭和59年の豪雨

災害年月日
1984年04月19日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
昭和59年(1984)4月19日の豪雨では、宮前川の放水トンネル内に濁流が流れ、作業員5人があわや流されるという騒ぎがあったほか、中の川のごみをせき止める格子にごみがつまって増水し、道路が水浸しになった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第4巻」(松山市、1995年)、404-405頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 宮前川 中の川
NO.
愛媛3606

よく似た災害

昭和43年の地すべり

昭和43年(1968)7月7日、中之瀬で長者川対岸幅100mが地すべりし、長者川をせき止めた。 続きを読む

明治18年の茶園岳の大崩壊

image

明治18年(1885)6月、吉野川支流曽江谷川本流の通称茶園の大崩壊で、上流7.3kmに及ぶ洪水を一時せき止め、その後せき止めた土砂が決壊しため下流一... 続きを読む

明治18年の茶園嶽の崩壊

明治18年(1886)7月1日、紀伊半島に上陸した台風により、阿讃山脈に集中的な豪雨があった。この時、曽江谷川沿いの茶園嶽で60町の大崩壊が発生し、人... 続きを読む

明治25年の高磯山の崩壊

image

明治25年(1892)、上那賀町の高磯山崩壊により、那賀川の水がせき止められ、薬師堂が浮いて約300m流され、せき止められた土砂の崩壊により再び元の場... 続きを読む

文政6年の洪水・山崩れ

文政6年(1822)、高岡郡に大洪水あり、仁淀村で山崩れ、岩屋川をせき止めたため新湖出現する。/史料掲載:「仁淀村史」 続きを読む