明治39年の地震

災害年月日
1906年05月22日
市町村
愛媛県松山市(中島町)
災害種類
地震・津波  
概要
明治39年(1906)5月22日、瀬戸内海中部地震。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中島町誌編集委員会編「中島町誌」(中島町、1968年)、38頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
瀬戸内海中部地震
NO.
愛媛3847

よく似た災害

明治38年9月の地震

明治38年(1905)9月12日、瀬戸内海中部地震。 続きを読む

明治38年11月の地震

明治38年(1905)11月8日、瀬戸内海中部地震。 続きを読む

明治39年の地震

明治39年(1906)5月22日、瀬戸内海中部を震源とする地震により、安芸、伊予の海岸地区で時計が止まり、水が溢れ出るなどした。家屋はひどく揺れたが、... 続きを読む

明治36年7月の大雨

明治36年(1903)7月7日~9日、瀬戸内海中部より関東にかけて大雨となり、特に近畿地方付近は甚だしく、死傷、堤防決壊、浸水が多かった。(気象庁「気... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)、地震津波が来襲した。四国の瀬戸内海沿岸の津波高は、香川県で1.8~2m程度、愛媛県で1~2m程度であったと推定される。この論文で... 続きを読む