元和6年の洪水

災害年月日
1620年09月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
元和6年(1620)8月、大洪水の時、藩の奉行は石手川の北岸が危険と見て、川南の樽味村得能寺付近の堤防を切ったため、小坂、中村、橘村、朝生田、市坪等に濁流が流れ、田地は免租地となった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
郷編集委員会編「たちばなの郷」(松山市立たちばな小学校ほか、2003年)、34頁及び43頁及び46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 石手川 堤防切り 得能寺
NO.
愛媛3998

よく似た災害

元和6年の洪水

元和6年(1620)、大洪水により、市坪村は永川となった。(「余土村誌」による) 続きを読む

元和6年の洪水

元和6年(1620)6月、洪水により、市の坪が全部浸水した。石手川のつけかえ直後は市の坪に被害が集中した。市の坪の郷士安長九郎左衛門は財産を投げ出し、... 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)7月10日ほか2回の暴風雨により、中山川、関屋川、高松川で出水し、決壊被害が大であった。田約2町5反、畑1町2反荒廃し、免租地とし... 続きを読む

慶長19年の洪水

慶長19年(1614)5月、洪水により、立花橋付近が決壊し、城南の町屋が流失した。今の川原町は本瀬となり、人畜の死多数。この洪水を機に、普請奉行が置か... 続きを読む

大正7年7月の台風

大正7年(1918)7月10日、暴風雨により、中山川、関屋川、高松川の出水、決壊被害大。仮砂防工事のため支出多額、田約2町5反、畑1町2反降灰、免租地... 続きを読む