延宝6年の洪水

災害年月日
1678年04月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
延宝6年(1678)3月、雨が降り続き、石手川の堤防が決壊した。市坪の安長九郎左衛門は、これまで堤防が決壊するたびに自分の財産を投げ出して堤を修築してきたが、最早財産もなくなったため、堤防の復旧工事について藩に嘆願した。幸い藩からの援助が得られ、復旧工事は完成した。当時決壊した場所は「安長渡」または「安長土手」と呼ばれている。
地理院地図
Googleマップ
備考
安長九郎左衛門の墓は、市坪町の玉善寺にある。
参考画像

参考文献
郷編集委員会編「たちばなの郷」(松山市立たちばな小学校ほか、2003年)、34-35頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 石手川 堤防決壊 安長九郎左衛門 安長渡
NO.
愛媛4000

よく似た災害

元和6年の洪水

image

元和6年(1620)6月、洪水により、市の坪が全部浸水した。石手川のつけかえ直後は市の坪に被害が集中した。市の坪の郷士安長九郎左衛門は財産を投げ出し、... 続きを読む

大正14年の洪水

大正14年(1925)、豪雨により舟入川の源兵衛堤(田辺島通りから新木に至る南岸堤防)が決壊した。源兵衛堤の決壊は県の復旧工事が旧規を無視したためであ... 続きを読む

延宝元年の洪水

延宝元年(1673)、石手川の堤防が決壊し、城下町の代官町付近まであふれる。(「垂憲録拾遺」による) 続きを読む

延宝元年の洪水

延宝元年(1673)6月27日、大洪水に際して石手川の堤防が決壊し、城下町の町分はもちろん、西堀端あたりは水勢が激しく、人々は堀の土手に避難したと伝え... 続きを読む

寛永3年の洪水

寛永3年(1626)8月、大雨が降り続いて大洪水となり、堤防が決壊した。寛永13年に堤防を構築した。 続きを読む