慶長19年の洪水

災害年月日
1614年06月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
慶長19年(1614)5月、洪水により、立花橋付近が決壊し、城南の町屋が流失した。今の川原町は本瀬となり、人畜の死多数。この洪水を機に、普請奉行が置かれる。町民の嘆願を採用し、今後洪水が8、9合湧出し危険となった時には、樽味村得能寺付近にある小屋地の堤塘を切り崩し、小坂、中村、橘村の百姓に立ち退きを命じ、村々の田畑を流しても御城下町を救助することを藩が決め、人々に知らせた。(「余土村誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
郷編集委員会編「たちばなの郷」(松山市立たちばな小学校ほか、2003年)、43頁及び46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 得能寺 余土村誌
NO.
愛媛4014

よく似た災害

文政4年の水利紛争

文政4年(1821)、日照りのため、6月10日榎井・東西苗田三村の百姓が、炭所西の常包横井を切り崩し、23日には大向荒川横井及び大宮荒川横井を切り崩し... 続きを読む

弘化元年の洪水

弘化元年(1844)8月、洪水が堤塘を崩し、人家が流亡。(「歌仙郷土誌」による) 続きを読む

天明元年8月20日の風雨

天明元年(1781)8月20日夕方から大風雨となり、内町分は残らず岡地や西福寺に立ち退き、水が引くのを待った。 続きを読む

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)、干害のため、高松藩内で55,000石余の立枯田が出たと記録されている。この水不足のため、7月1日に寺井村の百姓50余人は大野の案... 続きを読む

明和9年の干ばつ

明和9年(1772)、異常な干ばつで、大野の百姓と川東村の百姓が、小箱出水で乱闘騒ぎの水喧嘩を行った。 続きを読む