延宝元年の洪水

災害年月日
1673年07月30日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
延宝元年(1673)6月17日、18日頃から雨降りが続き、27日夜、石手川の堤が切れて、城下町はもちろん、代官町辺りも水があふれた。同心町西堀端などは特に水勢が強く、堀の水と一面になり、さらに水かさが増したため、堀の土手に畳を運び老若はここに逃げた。(「垂憲録拾遺」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
郷編集委員会編「たちばなの郷」(松山市立たちばな小学校ほか、2003年)、36頁及び46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 石手川 堤防決壊 垂憲録拾遺
NO.
愛媛4015

よく似た災害

延宝元年の洪水

延宝元年(1673)6月27日、洪水で石手川の堤が切れて、城下町分はもちろん代官町辺りも水が出て、特に同心町、西堀端などでは掘りの水と一面になった。(... 続きを読む

寛文13年6月の洪水

寛文13年(1673)、古老の言い伝えによると、6月17日、18日より頻りに雨が降り、27日夜に石手川の堤が切れて城下町分及び代官町辺りも水溢れ、同心... 続きを読む

延宝元年の洪水

延宝元年(1673)6月27日、大洪水に際して石手川の堤防が決壊し、城下町の町分はもちろん、西堀端あたりは水勢が激しく、人々は堀の土手に避難したと伝え... 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)、土佐中村の地、8月4日、11日、15日、洪水により、田畑3万石の水害を蒙り、男10人、女27人、牛馬579匹溺死し、民屋2,03... 続きを読む

延宝元年の洪水

延宝元年(1673)、石手川の洪水が大きく、城下町にも浸入したので、民衆は城郭の堀の土手の上に避難するほど大混乱となった。(「垂憲録拾遺」による) 続きを読む