享保14年の洪水

災害年月日
1729年10月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
享保14年(1729)9月、樽味の観音堂前の堤防が決壊し、家屋流失。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
郷編集委員会編「たちばなの郷」(松山市立たちばな小学校ほか、2003年)、46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 石手川 堤防決壊
NO.
愛媛4027

よく似た災害

享保14年の台風

享保14年(1729)9月14日、台風による洪水のため、石手川が樽味観音堂前で切れ、家々流れ損亡。(「松山工事事務所40周年記念誌」による) 続きを読む

享保14年9月の台風

享保14年(1729)9月14日、大風雨(台風)により、石手川が楢見観音堂前で切れ、家々流れ損亡。 続きを読む

享保12年の洪水

享保12年(1727)5月、大雨により「猿川流れ」と称する洪水のため、立岩川の堤防が決壊した。(「北条沿革史」による) 続きを読む

享保9年9月の高潮

享保9年(1724)9月、高潮により、大三島の島内241箇所の海岸の堤防が決壊した。 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)、寅年の洪水により、南島新車と柳島外萩の堤防80間が決壊し、中野島村が全村水中に没し、南島、岡、中原はほとんど荒れ地になり、稲作... 続きを読む