元文4年の洪水

災害年月日
1739年00月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
元文4年(1739)、大風雨により、損毛高14,065石余。石手川決壊し、保免村及び余土村被害。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
郷編集委員会編「たちばなの郷」(松山市立たちばな小学校ほか、2003年)、46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 石手川決壊 保免村 余土村
NO.
愛媛4029

よく似た災害

享保6年の洪水

享保6年(1721)、石手川決壊数箇所、水田畑損毛、人畜死傷。(「余土村誌」による) 続きを読む

寛文5年の台風

寛文5年(1665)7月、暴風雨により、石手川堤防の保免側決壊。 続きを読む

元文5年の洪水

元文5年(1740)7月朔日、17日及び8月5日、讃岐で大風雨、洪水。 続きを読む

文政8年の洪水

文政8年(1825)、洪水により、石手川その他諸川決壊し、耕地2,500町歩流失、家屋300余戸流失。(「松山叢談」による) 続きを読む

寛文13年6月の洪水

寛文13年(1673)6月17日~27日の長雨により、石手川決壊。(「松山叢談」による) 続きを読む