宝暦7年の風雨

災害年月日
1757年08月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
宝暦7年(1757)7月、大風雨により、損毛高31,854石余。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
郷編集委員会編「たちばなの郷」(松山市立たちばな小学校ほか、2003年)、46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨
NO.
愛媛4031

よく似た災害

宝暦2年の風雨

宝暦2年(1752)7月26日、大風雨により、損毛18,081石余。(「国府叢書」による) 続きを読む

宝暦12年の台風

宝暦12年(1762)8月、暴風雨による損毛高11,141石余。(「国府叢書」による) 続きを読む

宝暦7年の風雨

宝暦7年(1757)7月25日~26日夜まで、大風雨により、田畑合計損毛10187石余。(「藤蔓延年譜」による) 続きを読む

宝暦7年の風雨

宝暦7年(1757)7月26日、大風雨により、城郭、櫓など破損、潰家1,326軒、牛馬屋潰540軒、倒木2,226本、死者1人、郡内損毛18,081石... 続きを読む

宝暦8年の風雨

宝暦8年(1758)8月26日、大風雨により、倒壊1,700軒。当年の雨天続きによる損毛届郡内で6,251石余。(「今治拾遺」による) 続きを読む