元和6年の洪水

災害年月日
1620年07月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
元和6年(1620)6月、洪水により、市の坪が全部浸水した。石手川のつけかえ直後は市の坪に被害が集中した。市の坪の郷士安長九郎左衛門は財産を投げ出し、自力で堤防を修築した。さらに、延宝6年(1678)には、藩の援助を受け、堤防の復旧工事を行った。この時の堤防が「安長堤」と言われるものである。
地理院地図
Googleマップ
備考
安長九郎左衛門の墓は、市坪町の玉善寺にある。
参考画像

参考文献
「ふるさと素鵞」編集委員会編「ふるさと素鵞」(素鵞郷土研究グループ、1985年)、102頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 市坪 安長九郎左衛門 安長堤
NO.
愛媛4044

よく似た災害

延宝6年の洪水

image

延宝6年(1678)3月、雨が降り続き、石手川の堤防が決壊した。市坪の安長九郎左衛門は、これまで堤防が決壊するたびに自分の財産を投げ出して堤を修築して... 続きを読む

明和2年8月の洪水

明和2年(1765)8月、長雨で洪水となった。阿波藩の財政は赤字となり、幕府に資金の援助を頼んだが、受け入れてもらえなかった。 続きを読む

明和2年8月の洪水

明和2年(1765)8月2日、3日、洪水、高潮、8日風雨、洪水により、高119,628石余損亡。(「阿淡年表秘録」による)/しかも6月より8月、大旱枯... 続きを読む

元和6年の洪水

元和6年(1620)8月、大洪水の時、藩の奉行は石手川の北岸が危険と見て、川南の樽味村得能寺付近の堤防を切ったため、小坂、中村、橘村、朝生田、市坪等に... 続きを読む

天明7年の洪水

image

天明7年(1787)秋、洪水により堤防破損が甚大であった。従来は、古毛、上大野、明見、岩脇、古庄、西原、高田の7ヶ村が組合として堤防を修築してきたが、... 続きを読む