明治21年の大雨

災害年月日
1888年09月11日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
風水害  
概要
明治21年(1888)9月11日、昨夜来の大雨により横河原の堤防が破損し、田窪村の東南を水が襲い、人が奔走して防御した。すなわち、樋口村の字百軒という堤防を破壊し、横河原のほとんど全域が浸水した。水勢は二派に分かれ、一つは志津川村の中央駅の各家を押し流し、もう一つは同村の新池を突き崩し、再び合流して田窪駅、牛淵、野田に入った。田窪村で溺死者2人。(見奈良の「相原日記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
重信町誌編纂委員会編「重信町誌」(重信町、1975年)、44頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
重信川 横河原 堤防決壊 死者 相原日記
NO.
愛媛4049

よく似た災害

明治21年の大雨

明治21年(1888)9月11日、昨夜来の大雨により横河原の堤防が破損し、田窪村の東南を水が襲い、人が奔走して防御した。すなわち、樋口村の字百軒という... 続きを読む

明治21年の洪水

明治21年(1888)9月11日、昨夜来の大雨で横川(横河原)の堤防が破損し、田窪村の東南に水が襲来したため、人々は水防に当たった。樋口村の字百軒と称... 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)7月1日、連日の豪雨により横河原の堤防が決壊し、洪水が人家を流し、田畑を潰した。これほどの洪水は数十年来稀有のことであった。(見... 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)7月1日、連日の豪雨により横河原の堤防が決壊し、洪水が人家を流し、田畑を潰した。これほどの洪水は数十年来稀有のことであった。(見... 続きを読む

明治18年の台風

明治18年(1885)10月25日、暴風雨により横河原の堤防決壊。 続きを読む