明治34年6月の洪水

災害年月日
1901年06月30日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
風水害  
概要
明治34年(1901)6月30日、前日来の雨が止むことなく降り、夜になって重信川出水。横河原の西堤防決壊1町余に及び、天王社の東及び地蔵土手の外を南下して重信に入った。(見奈良の「相原日記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
重信町誌編纂委員会編「重信町誌」(重信町、1975年)、44頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
重信川 横河原 堤防決壊 天王社 相原日記
NO.
愛媛4052

よく似た災害

明治34年6月の洪水

明治34年(1901)6月30日、前日来の雨が止むことなく降り、夜になって重信川出水。横河原の西堤防決壊1町余に及び、天王社の東及び地蔵土手の外を南下... 続きを読む

明治26年の洪水

明治26年(1893)10月14日、豪雨のため重信川大出水。田窪の人々は排志側に、見奈良の人々は横河原西堤防に参集し、死力を尽くして防御した。薄暮にな... 続きを読む

明治26年の洪水

明治26年(1893)10月14日、豪雨のため重信川大出水。田窪の人々は排志側に、見奈良の人々は横河原西堤防に参集し、死力を尽くして防御した。薄暮にな... 続きを読む

明治35年の洪水

明治35年(1902)8月11日、昨年決壊した横河原の土手が再び決壊し、大水が見奈良に入った。また、横河原駅の東も切れ、水は内分に入り、婦女子が狼狽し... 続きを読む

明治35年の洪水

明治35年(1902)8月11日、昨年決壊した横河原の土手が再び決壊し、大水が見奈良に入った。また、横河原駅の東も切れ、水は内分に入り、婦女子が狼狽し... 続きを読む