文政9年の水害

災害年月日
1826年06月25日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
風水害  
概要
文政9年(1826)5月の水害について、志津川の米田屋の旧記「旧覚用筆誌-文政七申歳武智幸脩」は次のように記している。「5月20日夜より降り出した雨は、21日の夜になって大雨となり、22日には大川筋村々に水害を生じた。田地は大痛みになり、山村では大潰え抜けがあり、家や小屋などが押し流され、上村では田地5、6町を流失、吉久村では田地の7分通りが流失した。両野田村では小屋など棟数にして40軒余が流失した。」この前後から重信川堤防沿いに泉が掘り始められた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
重信町誌編纂委員会編「重信町誌」(重信町、1988年)、50頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水害 重信川 志津川の米田屋 旧覚用筆誌 泉
NO.
愛媛4066

よく似た災害

文政9年の水害

文政9年(1826)5月の水害について、志津川の米田屋の旧記「旧覚用筆誌-文政七申歳武智幸脩」は次のように記している。「5月20日夜より降り出した雨は... 続きを読む

宝暦4年の水害

宝暦4年(1754)、風水害により海部川の水位が1丈増し、吉野、多良、大井、富田、野江、高園の田地は川となった。吉野3人、大井1人、芝1人、高園2人が... 続きを読む

明治25年の水害

明治25年(1892)、宍喰川のあめやばりの堤が切れて、正梶の田が流失し、宍喰川橋が流失した。 続きを読む

文政5年の洪水

文政5年(1822)6月、内川で大洪水があり、井手框が流損し、堰構築の資材が流失した。 続きを読む

文政5年の洪水

文政5年(1822)6月、内川で大洪水があり、井手框が流損し、堰構築の資材が流失した。 続きを読む