昭和18年の洪水

災害年月日
1943年07月21日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月21日~24日までの4日間、豪雨が降り続き、その雨量は松山で540ミリ、川上で800ミリに達した。この豪雨により重信川は増水し、23日午前9時に北伊予村徳丸の左側堤防が、続いて拝志以下6箇所の堤防が決壊し、濁流は拝志村、荏原村、北伊予村、岡田村、松前町、松山市の余土・垣生・今出に流れ、浸水面積は24.25平方キロに及んだ。被害は、耕地の流失・埋没1,730町歩、家屋の浸水12,000戸、道路、鉄道等の被害は甚大であった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
重信町誌編纂委員会編「重信町誌」(重信町、1988年)、54-55頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
重信川 徳丸 拝志 堤防決壊
NO.
愛媛4078

よく似た災害

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月21日~24日までの4日間、豪雨が降り続き、その雨量は松山で540ミリ、川上で800ミリに達した。この豪雨により重信川は増水... 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月21日~24日、台風による豪雨が続き、松山地方では年平均雨量の5か月分に相当する540ミリの雨量が降った。洪水は23日朝に松... 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月21日から24日まで、台風による豪雨が続き、松山地方の年平均雨量の5ヶ月に相当する540ミリの雨量となった。23日朝には重信... 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月21日から24日まで、台風による豪雨が続き、松山地方の年平均雨量の5ヶ月に相当する540ミリの雨量となった。23日朝には重信... 続きを読む

昭和18年の台風

image

昭和18年(1943)7月21日~24日の台風により、松山では平均雨量の5ヶ月分が4日間に降った。県下の被害は、死者114人、行方不明20人、家屋全壊... 続きを読む