宝暦3年の水論

災害年月日
1753年00月00日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
風水害  
概要
宝暦3年(1753)、洪水があり、重信川の瀬筋を南側に移動させた。このため、三か村井堰の関切場を下林側の伽藍口門樋に接近させて設置したところ、水論が発生した。伽藍口門樋に接近されると、三か村井堰からの漏水と湧水を期待することができないためである。この年は郡役人が仲裁に入り、一応の解決をみたが、その後再度異議申し立てがあり、翌宝暦4年に代官所の裁定となった。裁定は、重信川の瀬筋が変わった場合、関切場の設置は代官所の指図に従うべきということであった。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
重信町誌編纂委員会編「重信町誌」(重信町、1988年)、244-247頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 重信川 三か村井堰 伽藍口門樋 代官所裁定
NO.
愛媛4082

よく似た災害

宝暦3年の水論

image

宝暦3年(1753)、洪水があり、重信川の瀬筋を南側に移動させた。このため、三か村井堰の関切場を下林側の伽藍口門樋に接近させて設置したところ、水論が発... 続きを読む

宝暦2年の水論

宝暦2年(1752)6月27日、旱天により、地割れした粕毛(かすげ)井堰掛かりの田を救うために、今在家・来住・南北久米の組頭らが森松村庄屋におもい堰の... 続きを読む

宝暦12年の白坂池の水論

image

宝暦12年(1762)5月26日、白坂池で本ノ大村の水番6人と池守5人が配水していたところ、羽方村の百姓100余人、本ノ大村の百姓20余人が押し寄せて... 続きを読む

文政13年の水論

文政13年(1830)6月、日照りが続き重信川の流水が不足したため、滝ノ下井手をめぐって下林と北三か村(田窪、牛淵、南野田)の水論が発生した。6月20... 続きを読む

文政13年の水論

文政13年(1830)6月、日照りが続き重信川の流水が不足したため、滝ノ下井手をめぐって下林と北三か村(田窪、牛淵、南野田)の水論が発生した。6月20... 続きを読む