寛政9年の火災

災害年月日
1797年00月00日
市町村
愛媛県東温市(川内町)
災害種類
火災  
概要
寛政9年(1797)、南方村の百姓の納屋から出火し、40戸の家屋に延焼した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川内町編「川内町誌」(川内町、1961年)、120頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 南方
NO.
愛媛4091

よく似た災害

享保12年の火災

享保12年(1727)2月1日、越前町から出火して城内に延焼し、翌日また越前町から出火して、両度の大火で焼失家屋は3,000戸を超えた。 続きを読む

寛保2年の火災

寛保2年(1742)1月12日夜、浮津から出火し、室津浦に延焼した。この火事で、浮津170軒、室津112軒が焼失した。 続きを読む

延享3年の火災

延享3年(1746)12月6日、中須賀から出火し、上町から南町に延焼した。焼失家屋は城下2,185軒、郷分256軒で、焼死者55人であった。 続きを読む

明治40年9月の火災

明治40年(1907)9月夜、本町東南角の裏から出火し、雨上がりの西風で東に延焼し、類焼約15戸。 続きを読む

昭和55年の火災

昭和55年(1980)3月27日午後11時40分頃、水戸の製材所から出火し、隣接工場へも延焼して5軒を全焼し、午前1時20分に鎮火した。損害は1億円。... 続きを読む