明治19年の台風

災害年月日
1886年08月25日
市町村
愛媛県東温市(川内町)
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)8月25日夜、暴風雨により、河之内では罹災多く、直径5尺くらいの大木が倒れ、井内根無の山の半分は立木がなくなった。井内でも家屋の倒壊あり。(「近藤林内日記」、「学校日誌」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川内町編「川内町誌」(川内町、1961年)、351頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 河之内 井内 近藤林内日記 学校日誌
NO.
愛媛4096

よく似た災害

明治29年の台風

明治29年(1896)8月30日、暴風雨により午後4時頃から10時頃まで最も激しい豪雨となった。特に南方山岳部の雨量が多く、大小諸川は氾濫して、堤防、... 続きを読む

明治22年の風雨

明治22年(1889)8月19日、風雨が強くなり、村内で倒壊家屋が13戸となった。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月23日から8月15日まで雨がなく、井水は涸れ、稲が枯死して収穫皆無の田地ができた。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)、干ばつにより、井水は涸れて汲む水がなく、稲が枯死して収穫皆無の田地ができた。 続きを読む

明和元年7月の洪水

明和元年(1764)7月14日~15日、大雨風、大洪水により堤防決壊し、田野水門より下は大きな被害を受けた。田野分へ保佐や材木が通り、中川原の畑に水入... 続きを読む