昭和38年の長雨

災害年月日
1963年05月00日
市町村
愛媛県東温市(川内町)
災害種類
その他(長雨)  
概要
昭和38年(1963)5月はじめ頃から霖雨に見舞われ、5月の雨量は平年の4倍となった。麦の収穫は皆無となった。このため、県、国では災害補償、災害融資等の対策を講じた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川内町編「続 川内町誌」(川内町、1968年)、16頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 麦収穫皆無
NO.
愛媛4102

よく似た災害

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)5月~6月、長雨、濃霧により夏作の収穫は皆無。 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)5月~6月の長雨のため、県下の裸麦の収穫は皆無に近い惨状を呈し、農作物被害総額は83億円に達した。 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)初夏、長雨が2ヶ月間にわたり、収穫期の麦の刈り取り、乾燥ができず、腐った麦を田んぼで焼却したため、村々の空は連日煙で覆われた。収... 続きを読む

明和6年の干ばつ

明和6年(1769)4月末より8月20日まで大干ばつとなり、稲作の大半は枯死し、収穫は皆無となった。 続きを読む

天明2年の暴風

天明2年(1782)5月4日~5日の大暴風により、田植えが終わった数千町歩の苗が流され、民家の倒壊・流失233戸、舟の破砕50隻という。さらに、6月1... 続きを読む