明治17年の台風

災害年月日
1884年08月25日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  
概要
明治17年(1884)8月25日、大暴風雨により、県下で死者140人、家屋の流失・倒壊7,850戸。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
川内町新誌編纂委員会編「川内町新誌」(川内町、1992年)、62頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者
NO.
愛媛4141

よく似た災害

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、大暴風雨。県下で死者340人、負傷者971人、不明19人、家屋全半壊約19,000戸。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、暴風雨により、別子銅山水害が起こり、死者512人、家屋の流失・倒壊186戸。その他東予で死者151人。 続きを読む

明治25年の洪水

明治25年(1892)7月、洪水により、県下で死者329人、家屋の全壊2,635戸、流失644戸。天皇、皇后より御見舞いの勅使。 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月26日、大暴風雨により、吉野川、祖谷川及び村内各谷川は大洪水となり、家屋の流失、倒壊が多数出た。 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)6月28日、暴風雨、大洪水により、県下で死者16人、牛馬水死3頭、家屋倒壊145軒、田被害72町歩、畑32町歩。(「徳島県災異誌... 続きを読む