明治38年8月の水害

災害年月日
1905年08月16日
市町村
愛媛県東温市(川内町)
災害種類
風水害  
概要
明治38年(1905)8月16日、水害により東予で死者12人。南方で松瀬川井堰被害復旧願。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
川内町新誌編纂委員会編「川内町新誌」(川内町、1992年)、63頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水害 死者 南方 松瀬川井堰
NO.
愛媛4168

よく似た災害

明治38年の水害

明治38年(1905)、水害により、宮窪村では道路、橋梁の破損が18箇所に及んだ。村では年間予算の6割強に当たる2,230円余を借り入れ、災害復旧に使... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)、洪水により堤防、井堰など損害が特に大きかった。当時は災害復旧は、自力で行っていたので、被害箇所の復旧に多くの労力を要し、農家は... 続きを読む

昭和22年の水害

昭和22年(1947)秋、二年前の災害復旧直後に、本篠川の水害を受けた。 続きを読む

明治32年8月の水害

明治32年(1899)8月28日の台風により、愛媛県内の死者が828人となり、愛媛県内では明治時代最大の災害である。特に被害が大きかったのは東予地方で... 続きを読む

明治32年の水害

明治32年(1899)6月、水害により、龍岡村で道路決壊復旧費289円82銭余、荒地3町8反余。 続きを読む