大正12年の洪水

災害年月日
1923年07月11日
市町村
愛媛県東温市(川内町)
災害種類
風水害  
概要
大正12年(1923)7月11日、大雨により中南予で死者10人、家屋流失127戸。重信川出水で、斉院之瀬橋流失、被害激甚。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
川内町新誌編纂委員会編「川内町新誌」(川内町、1992年)、64頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 死者 重信川 斉院之瀬橋流失
NO.
愛媛4187

よく似た災害

大正7年の台風

大正7年(1918)7月12日、暴風雨により、表川堤防決壊で田畑流失2町1反。斉院之瀬橋流失で死者1人、家屋53戸被害。 続きを読む

大正15年の大雨

大正15年(1926)7月6日、大雨により立花橋流失、重信川堤防決壊。 続きを読む

大正12年の洪水

大正12年(1923)7月11日、前線のため、小野川と重信川で出水、余土、市坪、石井で堤防決壊、大水害を被った。(重信川水系の主な災害による) 続きを読む

大正12年の洪水

大正12年(1923)7月11日、梅雨による大雨のため、小野川、重信川が出水し、余土、市坪、石井の堤防が決壊、大水害を被った。 続きを読む

大正12年の洪水

大正12年(1923)7月11日、大雨による小野川・重信川の出水により、余土・市坪・石井の堤防が決壊し、大水害を被った。(「松山工事事務所40周年記念... 続きを読む